女性

イライラする鼻づまりは早めに治療しよう|まずは耳鼻科を受診

このエントリーをはてなブックマークに追加

症状によって悩む病院選び

ドクター

耳鼻科とは耳や鼻や咽喉を診療する科で首から上の歯や目や脳や骨など以外は全てその領域だと言えます。しかしながら他の科と重複する領域の症状が出ている場合が多く判断が難しいので病院に問い合わせるのが良いです。また新宿には耳鼻科と合わせて内科や小児科やアレルギー科などの科も一緒になった病院もあります。

もっと読む

眠りにも影響する

メンズ

鼻づまりになるのはいくつかの原因があります。よくあるのは風邪により鼻水が鼻につまることによる鼻づまりです。この場合は、風邪が治れば鼻づまりも解消されるので、風邪を治すのが最もよい治療法です。アレルギー性鼻炎や蓄膿症などの病気になると鼻づまりが慢性的になってしまうこともあります。蓄膿症は飲み薬や吸入薬による治療で楽になることが多いですが、アレルギー性鼻炎の場合はなかなか解消せずにつらいこともあります。また、風邪の場合も鼻づまりだとよく眠れず治りが遅くなることもあります。鼻がつまって口呼吸になるとさらに病気も悪化するので、鼻がつまったらまずは部屋の加湿をすることを意識するとよいでしょう。加湿するだけでも症状が改善することもあります。

慢性的な鼻づまりは、あまり薬に頼りすぎないようにした方がよいでしょう。最も苦しいのが寝ているときです。そのため、寝ているときの鼻づまりを解消するよう工夫してみるのがいいでしょう。民間療法でよく知られているのがネギやタマネギなどを枕元においたり首に巻いたりするというものです。これは、ネギ類に含まれる硫化アリルという成分が鼻の通りをよくしてくれるためです。市販の塗り薬を胸や鼻の下につけるのもよいでしょう。皮膚が弱い人は少量から試し、荒れてしまうようなら布にしみこませたりして工夫しましょう。お茶で鼻うがいをするのも効果的です。お茶には高い殺菌作用があるので、飲んでもいいですし鼻うがいやうがいに使うのも非常に効果的です。緑茶、甜茶など様々な種類があるので飲みやすいものを試すのが効果的です。また、自分でケアしても症状が改善しないときは、耳鼻科に行くようにしましょう。耳鼻科では、まず検診を受けて鼻がどのような状態なのか調べてもらえます。その後で、症状に合わせた治療法を提案してもらえるので、安心して身を任せるといいでしょう。

耳が遠いと感じた時には

悩む男の人

難聴になる事で人とのコミュニケーションがうまく取れなくなってしまう可能性があります。補聴器を利用する事で、聞き取りづらい音を立体的な音として感じる事ができるようになります。耳の調子や形に合わせた補聴器選びをする事で、快適な生活を送る事ができます。

もっと読む

耳用の医療機器

メンズ

補聴器は高齢によって耳が遠くなった人だけでなく、病気による難聴で困っている人の生活も助けてくれる耳の医療機器なのです。もし耳が聞こえにくくなったら、まず耳鼻科を受診することで自分の耳の状態を正確に把握し、それから補聴器の使用を考えることが大切になります。

もっと読む